趣味

『RougeなS』

   Act/3  ~ⅩⅨ(じゅうきゅう)~

『…何故やらなかった?』
『…くすっ・・・やらなかった?何故失敗したと思わないのかしら』
『お前には容易い仕事だ…』
『…そうね…気紛れなの・・・・・私。憶えておいてね?』
『…持っていたのか…奴も』
『…ぁ!お金はいらないわ、気紛れでも…私の意志だから』

ピンポー…
『来客か…』
『…ぇえ、そうみたいね』
『…次は気紛れが起きないことを願う…』
・・・・・ツーツーツー
『…ぇえ。おいしいラーメン屋さんをみつけたの…』

『毎度!マンサク軒です=』
『はぁい!今、いきます』
…僕は違和感を感じた。何故だろう…
『…ありがとう、おいくら?』
『ぁああああああああああ!貴女は昨日の、』
『うふふ、憶えてくれたんだ~嬉しいなぁ』
…忘れるわけないっつぅの!!!!!!!僕の金…
『ふふ、その顔は…昨日のお金の事かしら??』
…え?え…返してもらえる…ってのは変か…交換してもらえるのだろうか??淡い期待が僕の脳裏を過ぎったりするが…期待は常に裏切られるわけで。
『当たり…みたいね!あれは…ある国のコインで1枚…日本円で1万円ほどなの。古買屋さん行くと解りやすいかな』
え?え???今、なんて?僕には1万って聴こえたけど…それが3枚ってあんた!
『足りなかったかしら?』
『そ、そそそっそん、な、た、足りすぎです、お返ししま』
僕は昨日無造作に突っ込んだままのコインを取り出そうとしたが、彼女はそれを止め言葉を続けた…
『…お皿、粉々にしちゃったの私だから…』申し訳なさそうに紡がれた意味…
『え?…それってどういう…』
『ぁ、ラーメンのびちゃうわ。はぃ、丁度だと思うけど足りるかしら?』
『…ぁ、ぇえ、はぃ、足ります…』
頭の整理がつかないまま言葉をつなげる…
『おいしくいただかせていただきます!器は出しておけばいいのよね?店長さんによろしく』
『ぁ、ぁあ、はぃ、まいど、ども』
訳のわからないまま扉は閉められた…
器を割ったのは彼女だということとか、3万?おいてったこととか…昨日の射殺ニュースとか…なにがなんだか…
それでも、彼女は大切な…でもヤバイ人なわけで。
けど…笑顔が…何故か刹那かった…

僕は。
もう1度呼び出しボタンを押した…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『RougeなS』

   Act/2   ~ ⅩⅧR(じゅうはちリバース) ~

『ぃい客だったなぁ…』
閑古鳥の啼くココで店長さんが呟いた。
はぃはぃ。…まぁ、確かにおかげさまで説教喰らわなかっただけでも良い客…そう、客としては良かった。

けど…。あの微妙な…香り。彼女が席を立つ際に感じられた、懐かしささえ憶えるものの…香水なのか?だとしたら…キツ過ぎな気もするが、まぁ個人の好みまでどうでもいいや。
そんなことより…僕の予感は的中していた…

ニュース速報の射殺された人…僕の回収に行った部屋だった。
危なかったな…一歩間違っていたら僕が射殺されていたかもしれない…。店長は気付いていないようだ…そりゃそうか…あの女性客のおかげで速報なんて耳に入るような状態じゃないだろうし、出前の電話は僕が受けたし。精々、近くで物騒な事が…くらいだろうなぁ。くわばらくわばら。

天国のばっちゃん、僕には勿体無いほどの力を授けてくれてありがとう…。…否、じっちゃんかもしれないけれど感謝の心は忘れてはいけないものだ!たとえそれが…勘違いであったとしても。

・・・・・・・!っていうか!なにこのお金?????
『て、てんちょ…この金、日本円じゃないし…』
『…んぁあ、男は細けぇこと気にスンナ。それお前にやるから、代金いれといてくれ』
・・・・・・マジデスカ???
『…ぁの…それって…つまり』
『男は・・・・・』
『ぁい・・・・ありがとうございます』

くっそぉ!この女ヤバイと感じたのはこの事だったのか??!!
…とほほ。僕は海外なんて行かないよ…行けないの方が正しい。そりゃ、いつかは世界チェーンのラーメン屋を!!!なんて志がなくもないけれど…先のまた先の話だ。
とは言え。
僕は仕方なく、そう!仕方なくテーブルの上の金を無造作に掴んだものの、見た事のないそれをまじまじと手にとってみた。
?ん?…なにか書いてある…薄くて読めない…

”R”
漸く読めた1つのアルファベット…これだけ大文字だから…僕が小文字読めないわけじゃない。けっして!!!!!

あの女が書いたのかな?
そんなことを考えながらポケットへ押し込む。
はぁ…僕の350円(税込み)…っていうか、これいくらおいてったんだろ?多すぎやしないんだろうか…。まぁ数字は共通だし、日本語だったしなにかあればまた来るかもだし、美味しいって言ってたし…否、こんな解りにくい店に二度目はあるのか疑問だけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『RougeなS』

   Act/1   ~ Ⅹ(じゅう) ~

僕がそいつに初めて遭遇したのは…ある取り引き現場に偶然…否、今から考えれば必然であったのかもしれ…いずれにせよ

居合わせてしまった

そんな取るに足らない…かどうかな僕の日常を…というより僕と彼女の日常を世界の隅っこでぶつぶつ書き綴るよ…。

愛を込めて…。
君へ…

・・・・・・・・・さて。そろそろ頃合いかな…立ち読みもすんだし…僕は書店を後にし愛チャリとともに目的地へと向かう事にした。

僕は暑い日も熱い中で燃えたぎる精神と情熱を一杯のラーメン(他のメニューもあるけど)にかけている自炊大好き好青年。
店長さんは昔ながらの職人気質さんで、とても厳しい。そのため僕をなかなか一人前とはみてくれないのでまだまだ『バイトくん』な日々は続いているのだが…けっして僕がお釣りを間違えたり、しばしば皿を割ったりが原因ではないと思われる。

『まいど~回収にあがりました!』そう営業トークもどきに声をかけドアをノックする。

~毎度の事ながら殆ど事務的な声が返ってくる…まぁ…そんなの当たり前…と予測…の筈が…声がない…焦らない。皿はここにアルノダカラ

粉々になって・・・
う…うそぉおおおおおおおおおお(遠い涙目
…。
欠けたのなら仕方ない…、形あるものはそれがさだめだと思うし…けど、けど…これはちと…行き過ぎなくらいじゃなかろうか・・・

『…す、すみませ・・・ん、入りますよ?』
無用心にもドアは開いていた。…なんだろう…嫌な予感がする…

僕はこういう感は外した事が…ない

帰ろう…いいさ、また店長さんに怒鳴られるだけだ。僕の一人前が遠ざかるだけだ…
黙って粉々の皿を…回収し・・・・・するわけなかろうが!!!!!ここまで見事に粉々だとめんどくせ。
いつものこと。
客に返してもらえないときは僕が弁償する破目になるのさ…

仕方なく部屋を後にする。僕の文句云々の詰まった、おかもちを片手に…

『戻りました!』
『おせぇ・・・どこで・・まぁいいや。器洗っとけよ』
・・・ありゃ??店長さんがおかしい…いつもなら小1時間ほど説教が入る筈なのに…

いうなれば店(うち)は…閑古鳥を飼っているようなものであったり…するわけで。

『お待ちどうさん』
その声を逃さず、僕は皿があるように見せかけ…店長と入れ違いに厨房に入る。
珍しい事もあるもんだ…客がいる…しかも稀にみる店長好み…うほ。それで説教なしなのか…なるほど…。それでも無愛想&仏頂面を変える事が出来ないそんな損な店長が僕は親しみやすかったりするわけで。

『ぉい、水』
『ぁい!』
自分で持ってきゃ女の見る目がちっとは…とか考えないんだろうな、この人は。そう思いながら店長さん自慢の、どこぞで汲み上げてきた名秘水をグラスに注ぐ。

『お待ちどうさまで…』
僕は。

感じた…この女、絶対ヤバイ…

始終点けっぱなしのテレビから速報音が流れた。
<・・・・・本日未明、・・・Bビルで身元不明の男性が射殺・・・・・>

『ごちそうさま。とてもおいしかったわ、お金ここにおくわね』
『ぁ…まいど!またどうぞ』
店長…もっと何か話せばいいのに…これきり会えなくなるのも計算にないんだろうなぁ…まぁいいけど。

・・・立ち去った女から…妙な香りがした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆さまこんにちわヾ(*゚▽゚)ノはぢめまして♪♪

妄想が悪化しつつある今日この頃…wink
いくつかある妄想の中で描き上げたものわ、過去1つだったりするわけで。
それの公開予定わ無理なわけで…あらすぢしか憶えてないのでしたshock

さて、気を入れなおしsign02新たに描き始めたいものが出来てしまったので…浮気モノpunch
ココログさまにて…綴っていこうかなかな…と。
無論、今までのわそれ以外で続けます…たとえば妄想日記とかうみねこ~とか…暴論作詞とかわ迷ってますが…pen

それでわよろしくお願いいたしますclover
『皆さまに月の恩寵がありますように…』end某、大好きな漫画の台詞拝借ですheart04

因みにTopペーヂわTeacup☆…さっき決まりましたcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 趣味