« 皆さまこんにちわヾ(*゚▽゚)ノはぢめまして♪♪ | トップページ | 『RougeなS』 »

『RougeなS』

   Act/1   ~ Ⅹ(じゅう) ~

僕がそいつに初めて遭遇したのは…ある取り引き現場に偶然…否、今から考えれば必然であったのかもしれ…いずれにせよ

居合わせてしまった

そんな取るに足らない…かどうかな僕の日常を…というより僕と彼女の日常を世界の隅っこでぶつぶつ書き綴るよ…。

愛を込めて…。
君へ…

・・・・・・・・・さて。そろそろ頃合いかな…立ち読みもすんだし…僕は書店を後にし愛チャリとともに目的地へと向かう事にした。

僕は暑い日も熱い中で燃えたぎる精神と情熱を一杯のラーメン(他のメニューもあるけど)にかけている自炊大好き好青年。
店長さんは昔ながらの職人気質さんで、とても厳しい。そのため僕をなかなか一人前とはみてくれないのでまだまだ『バイトくん』な日々は続いているのだが…けっして僕がお釣りを間違えたり、しばしば皿を割ったりが原因ではないと思われる。

『まいど~回収にあがりました!』そう営業トークもどきに声をかけドアをノックする。

~毎度の事ながら殆ど事務的な声が返ってくる…まぁ…そんなの当たり前…と予測…の筈が…声がない…焦らない。皿はここにアルノダカラ

粉々になって・・・
う…うそぉおおおおおおおおおお(遠い涙目
…。
欠けたのなら仕方ない…、形あるものはそれがさだめだと思うし…けど、けど…これはちと…行き過ぎなくらいじゃなかろうか・・・

『…す、すみませ・・・ん、入りますよ?』
無用心にもドアは開いていた。…なんだろう…嫌な予感がする…

僕はこういう感は外した事が…ない

帰ろう…いいさ、また店長さんに怒鳴られるだけだ。僕の一人前が遠ざかるだけだ…
黙って粉々の皿を…回収し・・・・・するわけなかろうが!!!!!ここまで見事に粉々だとめんどくせ。
いつものこと。
客に返してもらえないときは僕が弁償する破目になるのさ…

仕方なく部屋を後にする。僕の文句云々の詰まった、おかもちを片手に…

『戻りました!』
『おせぇ・・・どこで・・まぁいいや。器洗っとけよ』
・・・ありゃ??店長さんがおかしい…いつもなら小1時間ほど説教が入る筈なのに…

いうなれば店(うち)は…閑古鳥を飼っているようなものであったり…するわけで。

『お待ちどうさん』
その声を逃さず、僕は皿があるように見せかけ…店長と入れ違いに厨房に入る。
珍しい事もあるもんだ…客がいる…しかも稀にみる店長好み…うほ。それで説教なしなのか…なるほど…。それでも無愛想&仏頂面を変える事が出来ないそんな損な店長が僕は親しみやすかったりするわけで。

『ぉい、水』
『ぁい!』
自分で持ってきゃ女の見る目がちっとは…とか考えないんだろうな、この人は。そう思いながら店長さん自慢の、どこぞで汲み上げてきた名秘水をグラスに注ぐ。

『お待ちどうさまで…』
僕は。

感じた…この女、絶対ヤバイ…

始終点けっぱなしのテレビから速報音が流れた。
<・・・・・本日未明、・・・Bビルで身元不明の男性が射殺・・・・・>

『ごちそうさま。とてもおいしかったわ、お金ここにおくわね』
『ぁ…まいど!またどうぞ』
店長…もっと何か話せばいいのに…これきり会えなくなるのも計算にないんだろうなぁ…まぁいいけど。

・・・立ち去った女から…妙な香りがした…。

|

« 皆さまこんにちわヾ(*゚▽゚)ノはぢめまして♪♪ | トップページ | 『RougeなS』 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246873/30661827

この記事へのトラックバック一覧です: 『RougeなS』:

« 皆さまこんにちわヾ(*゚▽゚)ノはぢめまして♪♪ | トップページ | 『RougeなS』 »